いびき治療用マウスピース


睡眠中にはめるだけで高い効果。簡単に治療できます。

マウスピースによる治療は、身体に負担をかけない新しい治療方法として、いびきと無呼吸の治療として導入されました。

いびき治療マウスピース

90%の効果があります

治療用に開発された特殊な形状のマウスピースで、歯科装具(医療用具)です。口にはめるだけで、極めて高い効果を発揮します。上下一体型の装置が顎の位置を前に出し、いびき、無呼吸を防止するしくみです。装着すると気道が開き空気が良く通るので、いびきや無呼吸が止まります。効果が高く、いびきを90%抑えることができます。手術は不要です。費用は従来型が5万円ほどですから他の方法よりも安価にいびきの治療ができます。


正常な状態、舌の落ち込みがない状態

 

正常な状態。気道が十分開いて、 自然な呼吸ができています。 いびき・無呼吸はありません。

 

 

無呼吸の状態、舌の落ち込みがある状態

 

いびき、睡眠時無呼吸症候群の状態。
睡眠中に気道が圧迫されて、いびき、無呼吸になります。

 

気道が開いた上体

マウスピースをはめることで下顎が持ち上がり、気道が開きます。空気がスムーズに通り、いびき、無呼吸症候群を防止します。有効率90%という高い効果を得られます。(重度の無呼吸症を除く)

 


手術や人工呼吸器を装着する治療とくらべて、身体の負担が少なく、小型のポケットサイズなので旅行にも持って行けます。いびき、無呼吸を簡単に治したいかたにはこの方法をおすすめします。

ただし、虫歯、歯周病、顎関節に痛みや障害がある、歯がない、鼻に病気がある場合には適さないこともあります。ご希望の方は利点・欠点をご覧ください。

なお、このマウスピースは通信販売や既製品で手に入るいびき防止グッズとは異なり、医療器具です。

マウスピース治療の利点、欠点

利点

  • 簡易で安価・高い効果
  • 小型で旅行、出張に持ち運べる
  • 手術やCPAPに比べ楽で負担が少ない
  • 通院は数回と短く歯型をとり調整後、完成
  • 効果が高く長期間続けることが可能
  • 口にはめるだけで効果が出る
欠点

以下の項目があてはまる方には使えない場合があります。

  • 鼻の通りが悪い、咽頭肥大が著しい
  • 寝付きが悪かったり、意外と神経質
  • 18歳未満
  • 歯の本数が上下で20本以下
  • 大きな虫歯、歯周病で歯が動く
  • 顎関節に痛みや障害がある

マウスピースには二種類あります

いびき治療用のマウスピースは、ボクシングで使うようなマウスピースとは違います。マウスピースをはめ込むと、気道(空気の通り道)が広がるよう特殊な形状をしています。空気が良く通れば抵抗が少なくなり、いびきや無呼吸症候群が治まるのです。

1.一体型

従来の上下一体型マウスピース

従来型です。上下がつながっているので、装着すると口は閉じたまま。会話はできません。NHK「ためしてガッテン」TV朝日「報道ステーション」はこのタイプ

 

2.分離型

いびき治療マウスピース

オーストラリアの医療機器メーカーが開発した新しいマウスピースです。旧タイプはマウスピースが上下完全につながっていたので、装着中にできることが制限されていましたが、新しいタイプは機能はそのままで、

  • 会話ができる
  • 飲み物も飲める
  • 微調整ができる
  • 就寝中口が開いてしまっても、いびき抑制効果はそのまま
  • 違和感が少ない

と、より使い心地のよい装置へ改良されています。

通信販売や既製品ではありません。歯型に合わせて作る医療器具です。
歯の本数は上下20本程度必要です。虫歯、歯周病、顎関節に痛みや障害がある場合は製作できないことがあります。初回の検査で良好と判断した方のみ可能です。


白宝デンタルクリニック

TEL 03-3451-0840

診療時間
9:30 – 12:00 × ×
14:30-19:00 × ×

土・日 9:30 ~ 16:00△
休診日 火曜・水曜・祝日

〒104-0045
東京都港区麻布十番2-12-7
ラポール麻布十番6F